読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意識過剰

大寒の日
子供の頃、眠る瞬間が知りたくて、「眠るまで起きてるぞ」と思っていたことがある。

眠る瞬間なんて、意識があるわけがない。その瞬間を覚えているわけがない。

そんな私が、今はうまく眠れなくて困っている。薬を飲んでるが、相変わらず眠る瞬間は分からない。

5歳の頃、一人で風呂に入っていて、「あぁ、ぼくが居なくなっても、世界は続くのだろうな」と気が遠くなった気がした覚えがある。

「私が死んでも替わりがいるもの」

一応、40代も半ばの私が思う、私のようなものの替わりくらいいないと社会や会社は回らない。

現に、私は今、仕事に出れてない、ボランティアもデモもしていない。それでも地球は回っている。私はいなくてもこの世は回る。

最近、子供連れの人をよく見かける気がする。私が居なくても人類は続く。

何処かの校長が子供は二人以上産めとか、そうでなければ、寄付しろとか言ったとか。

なら子供は居ないが、お金なら使った。ならその校長の論でも私は許されるのではないか?

個人と家族と人類は違う。

人類の未来は誰かに任せた。

私の個人と家族に関しては、これは選びようがない。

以前、利己的遺伝子の論が流行ったころに、私のDNAは残る気がないのだろうと思っていた。

たぶん、何とかなる。
たぶん、どうにかなるのだ。

愛って画数が多くて難しいですな。