読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム翻訳

AndroidiOSGoogle翻訳、カメラでのリアルタイム英語←→日本語翻訳が可能に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/25/news074.html

昨日の記事。日本語以外のいくつかの言語では2年前くらいから実装され始めた機能です。

日本語は何気に難しい言語なので、文節で逐語訳すると、人工無脳な訳になってしまい、人の手による補間が必要になります。
Googleさんは、ここ一年くらいでディープニューラルネットワークを使った学習をGoogle翻訳に取り入れだしてるので、随分と精度が上がりました。

仕事の文書は、基本的に社外秘情報なので、丸ごとカメラに撮ってGoogleさんのAIの学習のネタにしてしまうのはアカンかもしれません。

OCR(Optical Character Recognition: 光学文字認識)の精度を上げるために、カメラの画像をGoogleに送ってよいか?的な許可を求められますが、そこは拒否。
オンラインリアルタイム翻訳だと、文書情報の一部がネットにダダ漏れになる可能性があるので、オフライン翻訳モジュールをダウンロードして利用するのが良いと思います。
(実際、Googleさんに、どこまで把握されているのやら)

残念ながら、リアルタイム翻訳モジュールの日本語対応は、まだ英語←→日本語の間だけなので、他の言語と日本語の間は画像認識による翻訳となります。
ちなみに、英語←→中国語はリアルタイム対応してるので、それを通してみると、なんだか映画の中華風無国籍シーンや『サマーウォーズ』の"OZ"みたいです。

また、短文や単語レベルであれば、LINEの翻訳アカウントと友達になって、訳したい文をトークで送ると翻訳して返してくれます。「日本語から」も「日本語へ」も可能。
私は「LINE英語通訳」「LINE中国語(繁)通訳」「LINE中国語通訳」を、お友達にしています。

そんなに遠くない将来にはディープニューラルネットを使ったAI(Artificial Intelligence: 人工知能)でAR(Augmented Reality: 拡張現実)に逐語訳出来てしまうのかも。
Googleさんには繫がらない国への出張や旅行、ネット難民になった時に備えて外国語学習してマルチリンガル目指した方が良いかもしれません。

余談ですが、日本語の四字熟語を中国語として認識させて日本語にGoogle翻訳させると、時折シュールな訳をしてくれて愉快です。

f:id:mucci:20170126180823j:image