読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくしの子

雪が溶けて川になって 流れて行きますつくしの子がはずかしげに 顔を出しますもうすぐ春ですねえ ちょっと気取ってみませんか ...♪
「つくしの子」て、スギナじゃないのか?と思ったが、ツクシが伸びてスギナになるわけではない。
オタマジャクシはカエルの子だし、
タケノコは竹の子であるが。
キノコは親子ではないけど木に生えるのが木の子みたいだからと聞く。
ならツクシはスギナの子かもしれない。
昔、きのこの山たけのこの里・すぎのこ村というお菓子があったが、すぎのこ村は今はない。つくんこってのもあった気がする。
立派な胞子茎であるツクシのことを「子」呼ばわりしたり「恥ずかし気」に見えたりするのが、「ちょっと気取ってみませんか」「恋をしてみませんか」と女の子に言う男の歌かもしれない。
最近は「女の子」「女性」「女」と呼ぶより「女子」と呼んだ方が聞こえが良いらしい。