読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows10の罠

私の実家は自営業である。世間の流れに逆らえず商品の発注はネットでやることになっている。

父は、およそ必要な操作以外のPCの操作は苦手な人である。

先日、翌日の配達分を発注しようとしていたところ、突然、PCがWindows10へのアップデートをし始めて、操作が出来なくなったという。

発注用のPCのレンタル会社に問い合わせたところ、途中で無理矢理辞めるとPCが壊れると言われたという。

しかし、発注はしなくてはならない。Windows10へのアップデートが無事に終わるのをじっと待ったところで、発注ソフトはWindows10に、まだ対応してないという。

結局、ひとしきり待った後にレンタル会社にWindows7に戻してもらって、10への自動アップデートが掛からないようにしてもらったという。

商品の発注も間に合わなくなるので、ローテクに電話で口頭で発注したという。

ありがた迷惑な自動アップデートである。何かスケジューリングされてたのであろうか?

私自身も自分のPCは、まだWindows7で動かしている。諸々のソフトが10の動作確認が取れてないからである。

仕事のPC端末も諸々のソフトやアプリの都合でWindows7である。7なPCで10のPCを設計している。もっとも私はOSやシステム部隊ではないので、古風な職人の作業の一部がIT化されてるに過ぎない。

いつか、こういう仕事もAIがやることになるのだろうか。人の勘に頼る部分もまだあるのだけど。