読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BMI

大寒の日 お金

BMIと聞けば、ふつうに通じるのは、おそらく"Body Mass Index"

BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

であろう。体型の目安とされている。

現在の私のBMIは23くらい。18.5〜25が標準とされているから、ふつうである。

さて、話題にしたいのは、ダイエットしてる人は避けるかもしれないファストフードのあれである。

f:id:mucci:20170110193412j:image

"Big Mac Index"である。

マクドナルドのメニューは世界中、同じマニュアルに沿って作られる。材料はその国で調達するので、材料費はその国の景気が反映されるだろうということで、ビッグマックの値段で比較すると、単純な為替レートよりも、実際の経済を反映させてる?と言われる指数である。

ということで、2016年7月の統計によると、アメリカ、日本、中国のビッグマックの現地単価は

US: 5ドル, JP: 370円, CN: 19元

とある。これに当時の為替レートを掛けてUSドル換算すると

US: 5, JP: 3.47, CN: 2.79

つまり、アメリカのBig Macの単価を1とすると、日本のビッグマックは0.69、中国の麦当劳の巨无霸は0.55

となる。

なるほど、中国は物価が安いのだな、と、一見思える。

が、しかし、肝心のマクドナルドのクルー(スタッフ)の時給はどうなんだ?

アメリカの連邦政府の定める最低賃金は時給7.25ドルらしいが、去年だか、ニューヨークでマクドバイトが蜂起して15ドルに引き上げることになっているらしい。

日本はというと、現在、私の住む神奈川県川崎市の場合は、最低賃金は時給換算で930円である。

中国の場合、時給換算で10元ほどと聞く。

ということで、各国のマクドの人が、ビッグマックを1個手に入れるために、どれだけ働かなければいけないか?となると。

US(NY): 5ドルを時給15ドルで20分

JP: 380円を930円でとしたら25分

CN: 19元を10元でだから約2時間

むむむ