ソニーが見せた新しい形・全自動洗濯物たたみ機開発元破綻・次のスマホはブレスレット型・キックスクーターに変身するスーツケース

ソニーって昔から遊び心があるよね…本業で遊び過ぎることもしばしばだけど

照明? テーブル? ソニーがミラノで見せたロボットの新しい形

ソニーと言えば、もともとかっこいい製品デザインで定評のある会社。そのデザインチームが普段からどんなことを考え、どう社会に関わろうとしているかがわかるのがデザインウィークでの展示です。

ソニーは昨年8年ぶりにこのイベントに復活し「HIDDEN SENSES」というタイトルで日常生活の中に目立たず溶け込むテクノロジーのあり方を見せていました。今年はそれをさらに進化させた提案を展示する展覧会「Affinity in Autonomy:」を開催。


いわゆる連続起業家(シリアルアントレプレナー)の人は、上手く行かなきゃ、さっさと店仕舞いして、次のネタにチャレンジするし、上手く行けば大企業に事業をバイアウトするので、そう珍しいことではないですが、ネットでは「服を畳まずに、店を畳んだ」と揶揄されてるようです。

全自動洗濯物たたみ機「ランドロイド」開発元が破綻

全自動洗濯物たたみ機「ランドロイド」の開発で注目を集めたセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは4月23日、東京地裁に破産手続き開始の申し立てを行いました。負債総額は帝国データバンクによると22億5000万円(債権者は200人) 『資金繰りの悪化で営業の見通しが立たなくなった』としています


昭和40年世代の人だと、どうしても、ウルトラ警備隊のビデオシーバーの印象が強いように思われます。
サムスンの折り畳みはネットで叩かれまくって発売延期とか。

次のスマホは折りたたみ?いやいや、ブレスレット型でしょ

HUAWEIの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット型スマホです。
Apple Watchのように腕につけられる上に、大画面。見やすいだけでなく、メッセージもできるしSNSも使えるようになるってことです。
強度などの課題から、折りたたみスマホの実用化は数年先とも言われています。ブレスレット型も製品化はまだまだかもしれません。
使い方を考えると、いつでも腕につけていられるスマホの方が需要はありそうです。


日本だと空港施設内での使用は禁止とかになるかな。
トランスフォームものは大きな男の子たちの食いつきがよさそうです。

キックスクーターに変身するスーツケースでスイスイ移動。荷物と一緒に自分も運ぼう

出張のときはもちろん、いくら旅が好きな人でも荷物の持ち運びは重くて嫌なものです。飛行機が遅れるなど、搭乗時間ギリギリで滑り込もうとダッシュするときなんて、なおのこと。
そこで今回は、なんと「荷物 = 乗り物」になるアイテムを紹介します。
『OLAF Business』は、キックスクーターの機能が備わったスーツケース。荷物と一緒に自分も運んでしまいましょう。

サムスン「Galaxy Fold」、一日で壊れる・シャープが折りたたみスマホ試作機

折り畳みスマホは、まだ新しいもの好きのためのリスキーな製品なのかもしれません。
私なら、新しいiPad mini買いますね…
ただ、クラムシェルなガラケーとか、QWERTYフルキー乗せたBlackBerryとか、物理キーとスタイラスを排除したiPhoneとかみたく、新しいフォームファクターが出る…出す時代かもしれません。


サムスン「Galaxy Fold」、一日で壊れる

リコール対象でしょ、これ。
Samsungサムスン)が2000ドル(約22万円)もする折りたたみ式スマホをレビュワーに配布してから数日。
ジャーナリストが「ザワザワザワザワ…」。
あ、いい意味じゃないですよ。ダメじゃん!という意味です。


シャープは技術モックとして、先週折りたたみ有機ELを公開しています
30万回の折り畳み耐久性ってどんな評価なのでしょう? おそらく回転軸に倣ったスムースな開閉試験と思われます。
但し、スマホ担当事業部はまだ製品化するとは言ってないとか

シャープが折りたたみスマホ試作機、国産有機EL採用

シャープは4月10日、報道関係社向けの展示会で、曲がるフォルダブル有機ELディスプレイを搭載した折りたたみスマートフォンのモックを公開しました。現段階で商品化を検討しているわけではなく、あくまでディスプレイの技術披露目的としています。


折り畳めるから新しいでしょ?だと買わない気がします。折ったら明らかに分厚くなりますし…

折り畳めるから出来る利用シーンまで考えたいところです。

折り畳めなくても、紙のように薄いディスプレイというか真面目に電子ペーパーの方が引きがあるかも

もう電話は受話器の形から離れるのでしょうね…Air Podみたいな形を推す人が多い気もします

 

360度Bluetoothスピーカー内蔵サイドテーブル・バイザー型パーソナルスクリーン・PIXARのひみつ展

360度Bluetoothスピーカー内蔵のサイドテーブル。スマホ充電も

サイドテーブルにサービスコンセントというかテーブルタップというのは特に目新しくないですが、スピーカーも一体という品物です。
以前にか紹介したポップインアラジンはシーリングライトとプロジェクターでしたが、
既存の何かと何かをくっつけるというのは発想法としては常套手段です。

Bluetooth搭載の360度スピーカーを備えたサイドテーブル「Mellow」が登場。クラウドファンディングのMakuakeで目標金額を超える約610万円が既に集まっている。Makuakeでの価格は1台34,800円(税込)。数量限定で1台29,800円(税込)の「早割」や、2台で54,800円(税込)の「ペア割」も受け付けている。プロジェクト終了は5月17日。 


電源なしで気軽に大画面体験! バイザー型パーソナルスクリーン

ゴーグルみたいな密閉型のHMDと違い、オープンな感じの、反射型ですね。光源というか画面はスマホなので、反射投影する光学系だけで製品化を試みています。
ゲームや映画は大画面で…というのは、ちょっと発想がオヤジっぽい気がしないでもない…
先生動画を見ながらエクササイズというのもありなのか?

「ゲームや映画はやっぱ大画面でしょ! 」
その意見には賛成です。でも、大きなテレビだけが手段ではありません。
ベッドなどで見るときなど、スマホサイズでの視聴はもう皆さんも慣れっこですが、そんな環境をちょっとアップグレードしてくれるガジェットがあったらいいと思いませんか?
クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、 17%オフの5,396円(送料込)からオーダー可能です。


ピクサー作品を生みだすサイエンス…体験しながら学べる展覧会

夏に公開の『トイ・ストーリー4』の宣伝ですよね…という感は否めないですね。
六本木ヒルズのいつも激混みの森美術館の企画展でなくて、展望台室の東京シティビューの企画展なので、比較的スルーしながら見れるのかしら…なんて思いつつ…どうしたものか…
展望台入場料払えば見れます1,800円

2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)までの期間、ピクサー・アニメーションスタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」を開催します。
本展は、「The Science Behind PIXAR」と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催され、その後アメリカおよびカナダで150万人以上(合計8箇所)を動員した展覧会です。


メモ帳の小技です

メモ帳の小技です。
 

①タイムスタンプ

会議のメモなどをWindows標準のメモ帳で取る時、F5キーを押すと

16:17 2019/04/11

って感じで、現在時刻と日付が入ります。

他のアプリだとF5が他の機能に割り振られてることが多いので使えないです。メモ帳だけ

 

②○付き数字

図面の改版などで、②とか使うことが多いと思います。

Win10の人は変換で㊿まで出ますが、旧いバージョンの人は出ないかも…

それに、環境依存文字とされてるので、中国にWordやExcelの中で書いても、ちゃんと出るのかなぁ?

中国での再現検証はしていませんが、一応、世界標準のUnicodeでも○付き数字は規定されています。

右下のIMEのアイコンを右クリックしてIMEパッドを呼び出し

文字カテゴリでJIS X0213(1面)を選択したら1-8-33~62までに

㉑~㊿が割り振られてます。

しかし…仕事の図面は50版超えそうなのがあるから無理かも

 

③新元号対応

Unicodeでは、既に「令和」用のコードがリザーブされています(U+32FF)。

正式に切り替われば

みたく、

↑が令和になるはず

透明ディスプレイの話題

パナの回し者ではありません。


パナソニックが“透明ディスプレイ”。普段はガラスケース風、電源ONで映像

まだ、奥行というか厚みがありますが、そのフレーム部分に基板などを実装してるそうです。
透明OLEDなのかなぁ?プロジェクションぽいですが…
先日紹介した自動車のHUDナビとか、ビルの窓などのデジタルサイネージなど大型のだと透明OLEDの応用は聞いたことあります。

パナソニックは、イタリア・ミラノで4月9日~14日(現地時間)に開催される「ミラノサローネ2019」のVitra(ヴィトラ)ブースにおいて、同社と連携して開発した“透明ディスプレイ”のプロトタイプを参考出展する。展示場所は、サローネ・デル・モービレ・ミラノ本会場のヴィトラブース内(booth B07/C12、Hall 20)。


透明ディスプレイ~インテリアイメージ映像

2017のCESで出したものです。
コンセプトモデル。たぶん、これプロジェクションでやってるので液晶とかOLEDではないでしょう。いや透明OLEDなのか?

透明ディスプレイの用途として、普段は壁面のインテリア収納のガラス戸や、庭につながる大きな窓として存在しながら、必要なときだけ映像を表示するという、住空間に溶け込んだ2つの提案を展示。ブースでは、選択したレシピに応じて、適切な位置で、調理手順などをシェフが手ほどきしてくれるデモを行います。


パナソニックがリノベーション専門の「TOKYO リノベーション ミュージアム」をオープン

汐留のショールームの一部をリニューアルしたみたいです。
キャッチフレーズは「家に、恋。」

パナソニック ライフソリューションズ社は、リノベーションのノウハウが詰まった施設「TOKYO リノベーション ミュージアム」(TRM)をオープンする。何から始め、どう進めれば良いかわからないというリノベーションに対する疑問を解決できるような場を目指す。

墓参り代行・ブック型納骨堂・お遍路代行

清明節だから?こんな話題…

宗教的なものは難しいように思います。
さらに御朱印代行も宗教よりコレクター要素もあったりして…

墓参りは代行業者に、証拠のために生中継も 「これは親不孝なのか?」海外で話題

黒のスーツに身を包んだ係員が墓石の前に立つと、ゆっくりと一礼し、花束を手向け清掃を始めた。
墓参りと清掃を代行してもらうサービスが中国メディア「重慶晨報」などに取り上げられ、現地で話題を呼んでいる。
サービスの特徴は、「生中継」を行う点だ。墓参りをする係員のそばにもう1人が立ち、スマホで一部始終を依頼人へ向けて中継する。指示通りに代行をこなせているか、依頼主が確認できる意味合いがあるという。


業界初!ブックタイプの納骨堂「ひかりの園」が2019年3月30日より販売開始 

•持ち運びが可能な新しいスタイルの書架式(ブックタイプ)納骨堂
•7つの「選べる」で魂手筺(たまてばこ)と呼ばれるオンリーワンの納骨箱を製作可能。
•ひかりの園がある安養院にて書架式(ブックタイプ)だけでなく、外墓地、自動搬送式納骨堂、棚型と個々のニーズに合わせたお墓を選ぶことが可能


御利益は? 御朱印ブーム ネットで転売、代行屋まで出現

寺社仏閣に参拝すると、有料で押してもらえる「御朱印」。近年、この御朱印を集めることがブームになっている。寺社仏閣に足を運ぶのはよい行いのはずだが、御朱印人気が高まったことで、インターネット上で「転売」されたり、人に代わって御朱印をもらう「代行屋」が出現。そうした行為に苦言を呈する神社も出てきた。


流木拾いにお遍路代行も!「“変わり種”副業」最前線

認知症の父親に代わって四国八十八カ所のお遍路を巡ってほしい──。
そうした切実な願いを受けて、お遍路の巡礼代行業を営む「あなだ屋」店主の竹内寛喜さん。
八十八カ所に高野山奥の院を加えた計八十九カ所分のご納経と御朱印、御影を頂く基本プランで29万8千円。安くはない。
休日に集中して巡礼するが、お遍路について知識と豊富な経験を持つ竹内さんでも、車を使い7日間以上かかる。
「波はあるが、平均で月1件のペースで依頼をいただいています。ただ、ホームページを開設しても活動の気配のない同業も多い。代行業で生計を立てるのは難しいが、潜在需要はあると思っています」

朝会とかスタンドアップミーティングとか一人でスクラムとか


f:id:mucci:20190311145553j:image

 

うちの職場でも朝会はある。主に、マネージャーからの連絡事項と、メンバーが会議・研修・休暇などで不在の事前連絡などである。

隣のチームでは、その日の予定を一人一人言ってたりするが、イベントの時間と場所だけならOutlookで充分であると思う。そのイベントで何を決めるのか?何をやるのか?の方が重要だろう。

 

というわけで、うちの朝会はおよそイノベーティブとかプロダクティブからは程遠いが、学校の朝礼で出欠確認してたレベルのものであろう。

 

手帳のスケジュール欄が真っ黒になるくらい予定で埋めた方がやりやすいという人もいるだろう。私の場合は、まず「計画を立てる」という最初の計画で頓挫しそうになるし、上の人や他の人から時間割や工程表をもらっても、それはタイムスロットを確保しただけで何をするのかさっぱり分からない。

 

すこしビジネスぶって書くと、納期は書いてあるけど、目的・タスク・進捗が分からないのだ。

 

うちのチームは10数人のメンバーがいるが、仕事を指示されるとワンオペは若干拒否反応があるが、いざ自分の仕事となると、ほぼ一人でやってしまう人が多いように感じる。よく言えばレスポンシビリティがあると言えるし、悪く言うと、ワンマンの寄せ集めの縦割りなので、チームと言うより、ワンマンズグループかもしれない。ワンメン?そんな英語あるのか?そもそもワンマンが和製英語ですね。

 

チーム運営でなくても、一人プロジェクトであったとしても、その日に達成したいことは決めても良いようにおもう。

 

だが、そんなに、毎日毎日、その日が締め切りな、緊急かつ重要な課題があるものではない。あるなら、充実しているか、あるいは、自転車操業であろう。

 

予定を立てるのが苦手な私は、大体、思いついたリストの上から順番に30分か1時間時間を決めてやるという方法を取っている。全体の所要時間が見積もれれば良いのかもしれないが、私はその能力に欠ける。大雑把にとらえても、私がやろうと思った時間の倍以上掛かるのが常である。だとすると、ざっくり三倍くらい時間を取っておけばよいのか?仕事を3分の1にするか?

 

だいたい、続かないのは、苦手な作業である。苦手な作業は、時間をかける・誰かに頼む・やらない。という解決策もあり得る。

逆に、得意なものは時間を取らなくても、どんどんやれる。逆に時間を切らないと、他のことをする時間がなくなる。

 

話を朝会に戻そう。

 

ソフトウエア開発などでよく使われるアジャイル開発のスクラムという手法がある。そこではスタンディングミーティングという手法がある。立ったままで、短い時間という意味では、今の朝会と変わりない。それに、ここでは、チームの話でなくて、私個人のタスクマネジメントに応用したいのだ、

 

大事なポイントは

・昨日やったこと

・今日やること

・障害となっていること

・今週・来週くらいで出す成果について

・全体の中での進捗

 

自分一人のことだから情報共有という話ではないが、ふだん、なんとなく惰性でやっていると、自分の中の特定のキャラが何かを隠匿するケースがあるかもしれないから、見える化した方が良いかもしれない。

 

それにしても、大きな目標と、そのための進捗の評価が難しいな。

ま、やりながら考えよう